働きたくないイタチと言葉がわかるロボット

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット  人工知能から考える「人と言葉」

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

回覧必至

* * *

人工知能の技術はそれはそれとしても、それを使って何を実現したいのかという求める機能を適切に定義することと、大量かつ適切な品質のデータを集めることと、データを機械が扱えるように適切に処理することが必要なわけで、その「適切」というのを、コンピュータが理解できる形で定義しなければ、魔法(空想)は科学技術(現実)にはならないわけですよね。

* * *

物語調で面白く書かれているのと、版画イラストが可愛らしい。

広告を非表示にする