ビブリア古書堂の事件手帖

いまいち。主人公が主人公である必然性がない。

ところで、これまであまり小説に手を出してこなかったのは、際限なくなることにためらいがあったからなのだけど、この年になってそろそろ、転換か。

広告を非表示にする