響け!ユーフォニアム : 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 (後)

早く読み進みたいとか、でも読み終わりたくないとか、そんな読者(私)の都合などお構いなしに、感情と、感情と、感情の激流に呑まれて息継ぎをする間もなく一気に読み切って、そして今、流れ着いた静かで穏やかな大海原を、向かう当てもなく漂っている。

(自分の子供の卒業式が終わったみたいな気持ち? 知らんけど。)

* * *

【追記】
2周目読了。ラストのエピローグと、前編の***ー*は、そういうことなんだよね? そんなん卑怯やろー(褒め言葉) 確かに今作はトリッキーな演出が多いなとは感じていたけど、これをいったいどうやって映像化するんだ…

【さらに追記】
あの「写真」が「あの時」と「この時」のどっちの写真だったのか、みんながどう解釈したかを知りたいけど、もちろん関係の深さでは「この時」の方が妥当だしそう思わせぶりな表現がされていたとは思うのだけど 、でも最初に読んだときには「あの時」のあの場面しか思い浮かばなかったし、それが今そうするほど(の関係に)なったのだったらこの1年間(3年間ではなく)は報われたな良かったなと思って本当に嬉しかったんだよ(泣)


darr.hatenablog.jpdarr.hatenablog.jpdarr.hatenablog.jpdarr.hatenablog.jpdarr.hatenablog.jpdarr.hatenablog.jp