有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

「毛玉風情が一丁前に惚れた腫れなぞと!」と、もしもわたしが天狗だったならば癇癪の旋風でも起こしたであろうが、あいにくわたしは人間なので、そうはしなかった。

週末、ふらっと犬吠埼くんだりまで思いつきで出かけたのは、その往復の移動時間ぐらいのまとまった時間を強制的に作らないと、最近本を読む暇すら確保できていなかったからなのである。

広告を非表示にする