とめはねっ! (13)

これはまた、強烈な書を見せつけられてしまった・・・絶句・・・