二十四の瞳

二十四の瞳 (角川文庫)

二十四の瞳 (角川文庫)

こういうのが琴線にジャストミートするとは思っていなくて、新しい自分を発見。通勤電車で朝晩、涙していたらそれこそ「泣き虫ぶんぶん」とあだ名されるぞ。

広告を非表示にする