読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華氏451度

novel

その祖父が亡くなったときに、ふいに気がついたんだ。ぼくはおじいちゃんのために泣いているんじゃない、おじいちゃんがしてくれたことのために泣いているんだ。(中略)誰も祖父の代わりにはなれなかった。

広告を非表示にする