永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

秀作である。ことは示した上で、物語から何を感じ、何に気づき、どのように自分の振る舞いを変えるかというのは、読者に許された特権なのであるから、それを作中の登場人物に奪われるのはたいへんに口惜しい。

広告を非表示にする