千と万 (1)

女の子でもなく父親でもないおいらが、何かを分かることなどできるはずが無いのに、なんだか分かるような気がしてしまうのは、本当に分かっているからなのか、分かったような気になって見当違いの解釈をしているだけなのかどうか、どうしても分からない。

広告を非表示にする