曜変・油滴天目 茶道具名品展 @静嘉堂文庫美術館

screenshot
http://www.seikado.or.jp/010100.html

うーむ、我ながらシブいw そして予想外の人手に驚愕。

こういうの、例えば茶器として前提となる制約(防水とか、持ちやすさとか)や、文化的前提(高貴な色は何とか)を踏まえて、技巧について解説してくれる人が欲しい。

広告を非表示にする