メグとセロン (1)(2)

mimizukuさんより.

いかに簡潔に登場人物や世界観の説明を済ませ,物語を始められるかがことライトノベルにおいては重要(それ故,学校を舞台とした学生が主人公の話が多いことは必然である)だと思っているのだが,その点,わずか6ページで最初の転換を迎えた『ハルヒ』は秀逸だったのだなと改めて思う.

広告を非表示にする